パンケーキでストレスケアを

現代はストレス社会です。スマートフォンやパソコンが普及し、誰でも24時間、365日、次々と更新される情報にさらされることが普通になりました。そんな現代のストレスは、できるだけ早くそれを解消してあげなくては、次々と新しい不安や問題が積み重なっていってしまうものです。とは言え、仕事で疲れている、時間がない、様々な理由でストレスを解消できずに溜め込んでしまう人も少なくないでしょう。実際なんとかしたいと思っていても、ストレス解消のために行動する気力も時間もないのでは、どうしようもありません。

できるだけ手間や時間をかけずにストレスを解消したいのであれば、おいしいものをお腹いっぱい食べるのが一番です。人は満腹中枢が刺激されると、幸福感に満たされ、ストレスが軽減されるものです。ただし、単純に「お腹いっぱい食べればいい」という訳ではありません。「食べた後に幸せを感じられるものを食べる」ことが大切なのです。では、幸せを感じられるものとは何でしょうか。

よく「おいしいステーキを食べて幸せ~♪」なんていう人がいますが、これは気のせいではありません。疲れている時や落ち込んでいる時、牛肉などの肉類を食べると、脳内でセロトニンが分泌され、幸福感が得られるのです。また、「疲れた時には甘いものがほしくなる」という人も多いのではないでしょうか?脳が活動するために必要なエネルギーはブドウ糖です。それが不足して疲れてくると、脳は甘いものを欲するのです。ですから、甘いものであればなんでもいいという訳ではなく、ブドウ糖になるものを摂ることが大切なのです。普段の食事ですと、米やパンなどの炭水化物が分解されるとブドウ糖になります。これらを踏まえて、ストレス解消のためにお勧めしたいのが、最近人気の専門店などで食べられる、食事系のパンケーキです。

パンケーキはおやつという認識も根強いですが、専門店で人気の食事系メニューは、厚切りのベーコンやこんがり焼かれたソーセージなどに加え、野菜サラダや温かいスープなども添えられた、しっかりバランスのよい食事として食べられるメニューです。小麦が原料のパンケーキは脳の栄養のブドウ糖になりますし、甘いものが苦手な人でも食事家メニューなら抵抗なく食べられるでしょう。手間と時間をかけず、おいしくストレスケアができるお勧めの一品です。時間がない、気力がない、そんな日々にストレスを感じている人は、一度焼きたてのパンケーキを食べに行ってみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい