食べたい時に選ぶメニュー

今、とてもお腹が空いていて、「とにかくなにか食べたい」という状態だとします。そこで最適なのはどんなメニューでしょうか?食べたという満足感を得たいのであれば、ガツンとしたステーキや大盛りの丼ものを選ぶ人も多いかもしれませんね。しかし、空腹感にさいなまれてそんなメニューをガツガツと食べた直後、つい後悔してしまった経験はないでしょうか?食べたいものをお腹いっぱい食べて満たされたはずなのに、「食べすぎて苦しい…」「太るかも…」「胃もたれするだろうな…」と、ガックリしてしまってはせっかく食べた満足感も霞んでしまいます。「お腹いっぱいで幸せ!」その気持ちを心から漫喫するためには、「なにを食べるか」が重要なポイントになります。

お腹が空いている時に何を食べようか考えていると、つい普通の食事だけ満足できず、食後にデザートとして甘いものを追加してしまうことも多いでしょう。普段より多い量を食べようとしてしまうことが、後悔の原因のひとつです。ですから、お腹いっぱい食べたい時はできるだけ「一皿で満足できるメニューを選ぶ」というのを心しておくといいでしょう。そして、その「一皿」としてお勧めなのが、食事系パンケーキです。

近年、スフレタイプのパンケーキがブームですが、あんなふわふわしたおやつじゃお腹いっぱいにならないと思っている人も多いでしょう。しかし、家庭で作るパンケーキと違って専門店のそれはただのおやつではありません。スイーツ系でも食事系でも、食べた人の心とお腹をしっかり満たしてくれる一品になっているのです。

季節のフルーツやアイスクリーム、チョコレートやコンフィチュール、そしてたっぷり泡立てられた生クリームを盛り付けた大人気のパンケーキは、見た目からゴージャヅです。食べた人のお腹も気持ちも満たしてくれるでしょう。生酵素を含んだ果物を一緒に食べることで、消化も良く、胃もたれしないというのも女性に嬉しいポイントです。一方、食事系パンケーキは、フルーツの代わりに同じく生酵素が摂れる新鮮な野菜サラダが添えられ、厚切りのベーコンやこんがり焼いたソーセージなどは、スイーツでは不足しがちなたんぱく質もしっかり摂れます。また、セロトニンという脳内物質の分泌を促し、幸せな気持ちになれるメニューなのです。

お腹いっぱい食べる、それだけでも満足感は得られますが、食べた後に「太ったらどうしよう…」などと罪悪感を抱かずにすむようなメニューを選ぶのが大切です。食事系パンケーキは、それが実現できるメニューのひとつです。パンケーキブームの現在、全国各地に専門店がありますから、いつでも手軽に食べられるのもポイントです。

あわせて読みたい